明けましておめでとうございます。

介護保険制度が始まって15年、安心して老後を暮せるという理念は今、

大きく揺らいでいます。平成28年1月4日の報道では、人口増加数が

全国1位の福岡市でも経済活動の中核となる生産年齢人口(15歳~64歳)

が減少し始めたそうです。このことは今、頭を悩ませている高齢者を支える、

介護職員の人材不足にも現れています。現在どこの施設においても必要な

人材はなかなか集まりにくくなっています。せっかく新しい施設を作っても

職員が集まらず。人員配置を満たした入所の範囲内に抑え、空きベッドの

居室を休業している施設が増えているそうです。今後、超高齢社会を支える

世代の先細りを考えると、それを踏まえた制度に改善し、社会保障政策を

抜本的に見直されるように望みます。

当施設はお陰様で、今年6月に34周年を迎えます。その間、ご利用者様の生活を

支えてきたという貴重な経験を生かし、今後とも、利用者様にやさしいサービスを

展開していきます。私たちは、皆様の側にいるからできることを、これからも

真摯に考え続けてまいります。

特別養護老人ホーム山翠園

施設長 深山 満男

 

参考新聞もご覧ください。

 

。    20160104150718085_0001         252 250